メイクでアンチエイジング

HOME > アンチエイジングのメイク > メイクを活用してアンチエイジング

メイクを活用してアンチエイジング

メイクを活用して、アンチエイジングをするという方法があります。具体的には、年齢が若く見えるメイクをすることで、アンチエイジングの効果を得るというものです。

年をとった雰囲気を払底するために、アイシャドウをつける時に、くすんでいないように見せることができます。

肌のくすみがないように、トーンの明るいシャドウを叩き込み、それから本当のアイシャドウをつけます。ベースとなるアイシャドウに適当な色がなければ、コンシーラーも可能ですが、厚塗りに見えないようにする必要があります。

チークのつけ方をちょっと変えるだけでも、アンチエイジング効果が得られます。頬紅は、明るい色を選ぶようにします。パール入りの頬紅も明るい印象になりますので、アンチエイジングにはぴったりです。

小鼻よりもやや高めのポイントを意識してチークをつけることで、顔の中心が上寄りになり、フェイスリフトアップ効果が得られます。若い人たちは、この頃、眉をやや下向きに塗る傾向がありますが、老けたように見えますので、やらないほうがいいでしょう。

眉がしらより眉尻が高くならないように配慮しながら、眉尻はやや高めに、眉山は上がりすぎないような眉の作り方を意識してください。アンチエイジングを目指すなら、まつ毛はボリュームアップをはかることです。年をとると減っていくまつ毛を、メイクで多目に見せることで、アンチエイジングにつなげるわけです。

 

PAGE TOP